婚約指輪は愛の証【結婚パーフェクトガイド】

妊婦さんのための結婚式

ブーケを持つ花嫁

お腹が大事

妊婦さんが結婚式を挙げる上で注意したいのがお腹周りです。あまり締め付けのきついウエディングドレスを着用した場合お腹にいる子供に負担を与えてしまいますので、できるだけ緩やかなデザインのものを選ぶ必要があるのです。また妊婦さんに腰痛などがある場合は、腰に優しいデザインのものを選択すると良いでしょう。マタニティドレスを選択する際に気を付けたいのがサイズの変化の問題です。妊婦さんのお腹は期間に応じて大きくなりますから、あまり早い時期にマタニティドレスを決定しないようにしましょう。式当日には着用できなくなってしまいます。またできるだけ妊婦さん自身の身体に合うマタニティドレスがほしい場合、サイズ直しに応じてくれるようなドレスサロンを使うと良いでしょう。

素材の大切さ

マタニティドレスは一般的なウエディングドレスとは違って妊婦さんの身体にかかる負担をできるだけ軽減できるよう工夫が凝らされています。例えばお腹周りの素材は伸縮性の強いもの使っているマタニティドレスがありますので、こうしたマタニティドレスであればお腹が締め付けられないのです。また長丁場の結婚式に耐えられるようマタニティドレスの素材はあまり重たいものが使われていないのも特徴的です。もしも妊娠中のホルモンバランスの変化によってチクチクした素材などが肌に合わなくなっている場合、マタニティドレスの素材にはとことんこだわるようにしましょう。マタニティドレスは既製品を購入する事ができるだけでなく、オーダーメイドで制作するのも可能です。