婚約指輪は愛の証【結婚パーフェクトガイド】

妊娠したら着る服

新郎新婦

その傾向

女性は妊娠すると腹部がどうしても目立つ傾向にあります。しかしおしゃれを楽しみたいという欲求を完全に抑えつけるのは母体の健康を保つという意味で好ましくありません。最近のマタニティドレスはそうした妊婦たちの要望に応えて、こったデザインを採用する傾向にあるようです。不動の人気を誇るのはふんわりとしたスカートが特徴の「プリンセスライン」と呼ばれるタイプで、胸の位置の切り替えも高めで締め付けも少ないデザインが特徴です。「Aライン」と呼ばれているタイプは、身体や腰をすっきりと見せられるのが魅力です。張りのある生地を選べば、お腹の膨らみもさほど目立たなくなります。「エンパイアライン」と呼ばれるものは、ふっくらとしたお腹をさりげなく見せられます。胸のすぐ下から切り替えがあり、他のマタニティドレスと比べたら締め付け感が少ないため、妊娠後期でも楽に着用できます。

その未来予想図

どのようなものにも時代の流れや流行というものがありますが、マタニティドレスもそうした傾向からは無縁ではいられないようです。最近は全体の流れとして、ベアトップから肩付、袖付のデザインへと人気が集まりつつあります。妊娠中は身体を冷やすのが厳禁(高齢出産者が増加傾向にあるため、流産に神経質な人もまた増えています)ですから、この流行は妊婦全般から歓迎されています。また、マタニティドレスは妊娠中にしか着ない服だからと、その購入費用を抑制したいと考える人も増え、低価格ブランド(インターネット通販が中心)が人気を博する方向にもあります。全体的に、「デザインと機能を両立させたもの」「適正(廉価)価格だと思えるもの」が歓迎される風潮にあるようです。